久々に味わった悪夢な出来事

以前この映像を見た事がありました。
http://www.youtube.com/watch?v=9RPAn1-XOgc

その時は車を持っておらず、こんな事が起きたら恐いなぁ〜と思って見てました。
他にも素人が撮った映像がありますが、どれも1〜2歳の子供が起こす事件が多かったです。

この悪夢が私にも起きました(泣)

何がどうしてこうなったの、、、と説明する前に前置きさせて下さい。

シアトル市は治安の良い街として知られていますが、あくまで「米国内では」という条件がつきます。発生件数及び人口からみると、2011年の統計上では、1,000人中約60人が何らかの犯罪被害に遭っている計算になります。また、同市内で、1日当たり平均約100件の犯罪、18件の侵入窃盗、約4件の強盗がそれぞれ発生していることとなります。「治安が良い」とは言っても、日本の治安状況とは比較にならないほど悪いという認識が必要です。

特に、シアトル、タコマ地区及びその近郊では、引き続き自動車盗が多発しています。先述のとおり、シアトル市における自動車盗難の発生件数は年々減少傾向にあるとはいえ、1日当たりの平均約9台が盗難に遭っています。盗難等の被害に遭いやすい場所は、夜間、管理者がいない所(監視・防犯カメラのない所)、人気のない所、レストランやモールの駐車場であっても人通りの少ない箇所です。駐車する場合は、これらを避けるようにしましょう。  

また、シアトル市やその近郊都市においては、ギャングの活動も盛んで、ほぼ毎日のように、ギャング同士の抗争発砲事件、殺人、傷害事件等が報道されています。ギャング関連の発砲事件は、深夜、繁華街等で発生するケースが圧倒的に多いので、こうした事件に巻き込まれないためには、深夜の外出は極力避けた方がよいでしょう。-在シアトル日本国総領事館リンクより抜粋-


私のような手のかかる子供連れを狙って、特に手が足りなくなる車の乗り降り時に狙われるケースも多発しています。
最近では、母親がチャイルドシートに1歳の赤ちゃんを乗せている時に、拳銃を赤ちゃんに突きつけて現金を奪われた事件がありました。赤ちゃん相手に拳銃って、、、本当に容赦ないです。

なので、車を開けたらすぐに私がやる事!と習慣にしている事は
1⃣素早く子供を車に入れる
2⃣携帯電話(以前、目を離した隙に盗られた事があるので)など大切な物だけ、すぐに車に入れる

そうしてから、買い物袋や荷物等をトランクに入れたりなんだりします。

今日は次男に付き合ってもらい、私の仕事の買い出しにモールへ。
仕事が一段落付き、長男のスクールバス到着まで1時間あったので
モール近くの公園で次男と遊ぼうかな〜と思い、車へ。
次男が車の鍵を欲しがるので、色々荷物もあり時間がかかりそうだったので渡す。


いつもはこの時点で、助手席のドアを少し開けておくのですが
今日は連日の睡眠不足で疲れていたのもあり
開けるのを忘れてしまった!
   


すると「ピッ!」という嫌な音とともに、ドアが開かない〜!!!!

助かったのは鍵を次男が握りしめていた事と、ベィビーサインを少し知っていた事でした。
私:「ピッ!」って押せる?とジェスチャー
次男:押す
私:「上手!」「もっとやって」「良い子ね」「ありがとう」と、なんとか保っているありったけの笑顔を作り、ベィビーサインで次男にお願い。
次男;何度も押す

このやり取りを10分しながら、ドアが開くのを待ちましたが次男が押すのは「閉める」ボタンばかり。。。

そしてついに

「もうやめる」のサインを私にしてきました。その上「ヘルプ」のサインまで(泣)

あ〜、、、この作戦は大失敗だと思い、辺りをキョロキョロしても誰もいない。
トランクから後部座席に侵入を諮ろうと思いましたが、開け方を忘れた!!!
この時点でも次男が鍵を握りしめていた事が奇跡で、とにかく放り投げないで〜と必死の笑顔。

そうこうしながらこの時点で20分は経っていたので
作戦を変えなくては!と思い、トランクを半開きにしてモールへ助けを求めて戻ろうと思った時に
なんだか悪い人には見えない白人の男の人とすれ違ったので、思わず
「すいません。。。子供が車に入ったままロックしてしまって、、、どうやってトランクを開ければいいのか分かります?」と聞いてみると、一緒に車に来てくれて開け方を教わり
開いたと思ったら、長男のチャイルドシートが引っかかって、腕一本通るか通らないか位しか開かない。
もう壊れてもいいやと思い、傘でむりやり押して次男が握りしめていてくれた鍵を取れました。
トランクに丸ごと体を入れて、無理矢理手を伸ばしていたので次男の鍵の位置がつかめなかったのですが、男の人が窓から指示をしてくれて、何とか次男がパニックになる前に鍵を取れてよかったです。

今日こんな中でもラッキーだったのは
秋だったので、車の中の温度が適温だった
次男が落ち着いていた
たまたますれ違った人が、良い人だった

それでも長男のお迎えまで少し時間があったので、次男と少しだけ公園へ。
いつもより空が綺麗に見えたのは、悪夢の後だったからかしら?
b0271345_13584594.jpg


日本へ帰国した際に買ってきたすぐれもの。運転席とトランクに入れていますが、今回は使用しなくてよかったです。

b0271345_1433438.jpg


クリックしてもらえると嬉しいです♡
↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村


[PR]

by Seattle-Autism | 2012-10-24 14:12 | 子育て