言葉のない重度自閉症のバイリンガル

8歳の長男は重度の知的障害と自閉症です。発語も「うー」「あー」ばかりで言語ではコミュニケーションはとれず、行動面でもまだまだ問題が山積みです。

ただ1歳になった時にアルファベットを覚えて、3歳の時にはひらがなを覚えていました。
どちらも発語はありませんが、ある日やたらと言語に敏感になっている事に気がつき、試しに私が字を読んでいた時に理解しているように見えました。時々確認の意味でわざと間違えると「あれ??」という顔をして、もう一度指すので「あぁこの子は字を理解しているんだな」と驚きました。

長男は次男と比べて障害も重いですし、音にも敏感なので毎日どこへ行っても大変そうです。

でも毎日「手伝ってくれませんか?」とipadを使って聞いてきます。
何を手伝って欲しいのかというと言葉で話す練習。毎日定期的に本を誰かと一緒に読んでいます。
*読むといっても、本人は「あー」「うー」だけで、側にいる大人が読んでいるのを目で追っています。
現在練習している本は"five little pumpkins"の本。
b0271345_15101169.png


複数形の読み方pumpkinの後の"s"の音が興味深いようです。
始めの頃は何度も旦那やCaregiverに聞いていました。

毎日同じ本を何度も何度も練習するので、次男が音読できる程です。

five little pumpkinsの”S”の音が気になって仕方がない長男です。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2015-03-25 15:19 | 自閉症