カテゴリ:自閉症( 30 )

言葉のない重度自閉症のバイリンガル

8歳の長男は重度の知的障害と自閉症です。発語も「うー」「あー」ばかりで言語ではコミュニケーションはとれず、行動面でもまだまだ問題が山積みです。

ただ1歳になった時にアルファベットを覚えて、3歳の時にはひらがなを覚えていました。
どちらも発語はありませんが、ある日やたらと言語に敏感になっている事に気がつき、試しに私が字を読んでいた時に理解しているように見えました。時々確認の意味でわざと間違えると「あれ??」という顔をして、もう一度指すので「あぁこの子は字を理解しているんだな」と驚きました。

長男は次男と比べて障害も重いですし、音にも敏感なので毎日どこへ行っても大変そうです。

でも毎日「手伝ってくれませんか?」とipadを使って聞いてきます。
何を手伝って欲しいのかというと言葉で話す練習。毎日定期的に本を誰かと一緒に読んでいます。
*読むといっても、本人は「あー」「うー」だけで、側にいる大人が読んでいるのを目で追っています。
現在練習している本は"five little pumpkins"の本。
b0271345_15101169.png


複数形の読み方pumpkinの後の"s"の音が興味深いようです。
始めの頃は何度も旦那やCaregiverに聞いていました。

毎日同じ本を何度も何度も練習するので、次男が音読できる程です。

five little pumpkinsの”S”の音が気になって仕方がない長男です。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2015-03-25 15:19 | 自閉症

直感を大切に

アルファベットや数字に強いこだわりがあるので、あまり集中させないように

長男の様子がおかしいと1歳10ヶ月の時に気づき、その後始まったセラピーで言われていたことでした。
この頃のセラピーは自閉症特有のこだわりをやめさせ、できないことや不得意な事に集中してプログラムを作り、出来るようにしていくのが主なセラピーでした。でも自宅や出かける先でよく立ち止まって確認している姿は、文字を読んでいるように見えていました。
b0271345_1319444.png


この頃長男がアルファベット&数字と合わせてこだわり楽しんでいたのが、自然と触れ合うことでした。
少しずつ道を前進しながら丁寧に葉や花を触る姿には、止めさせるという気持ちが起きませんでした。当時長男は3時間でも5時間でも、外でずっと草木を触っていました。その姿は不思議とこだわりには見えなかったんです。

ただすぐに飛んだりはねたり、クルクル回ってしまう姿は早く止めないと!といつも焦りがありました。
この当時まだあまり知られていなかったグルテンとカゼインフリーが効果があるかもしれないと義理の家族から教えてもらい、同時期に両親からも同じ情報が入ったので、もしかしたら効果があるかもと独学で食事療法を始め、長男が2歳を過ぎた頃に始めてみました。驚いた事にすぐに効果が出てクルクル回るのは治まりました。でもセラピーや学校からはあまり良い反応が悪く、効果は期待できないから止めた方がいいのでは?とよく言われていました。

長男は2歳前からセラピーが始まりましたが、当時参加していた障害児用のお遊び教室では一番集中できず、全く座れず誰とも関わらないセラピストも少々お手上げの子供でした。当然教室の中では最下位をキープしていました。

セラピストや学校、専門医から沢山アドバイスをもらい、参考にさせてもらっていたけど私の感で何か意味がありそうだから続けさせてあげたいと思ったのが、良い意味でのこだわり。食事療法。
それが確信に変わったのが、彼が5歳の頃でした。

そして現在8歳。まだ言葉も話せず行動面も沢山問題を抱えていますが、国語の時間だけ健常児のクラスに入っています。IEPでは同学年より少し上のレベルを学ぶカリキュラムが組まれています。

子供の成長は未知ですね。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2015-03-18 13:42 | 自閉症

念願のママとよばれて

お久しぶりです!

長男(知的障害&重度自閉症)は8歳、次男(広汎性発達障害)は4歳になりました。

長男が4歳の時に、専門医から「この子はあなたの事をママと認識していない。あなたを使える道具だと思っているからママと呼ばれる事を期待しない方がいい」と言われた時は、帰り道ワイキキビーチを歩きながらキラキラ輝く海の向こうで「ママ」と呼ばれるお母さん達が羨ましく思いました。あの日はさすがに落ち込みました。今でも思い出すと胸が痛みます。

当時は「ママ」と呼ばれればそれで満足。それ以上は望まないと思っていましたが
2014年、子供達は飛躍的に成長し
長男は「ママ」「お母さん」と言うことができるようになりました。
オムツもとれて、アイコンタクトも以前より大分できるようになり、10分起きにあったカンシャクも平均して週に一回位に減りました。
国語の授業は一般の子供の教室で過ごすカリキュラムに変更でき、人の真似も大分上手にできるようになって、以前は何度見せてもスクーターにまたがっていましたが、最近急にスクーターが出来るようになりました。
b0271345_14352793.png

上手に滑れます。

次男はおしゃべりも出来るようになり、社交性もでてきて健常児のお友達ができました。
とっても嬉しいのが、「子供のお友達の家へ遊びに行く」事ができるようになったこと。今までは私がお願いして何とか遊ばせてもらっていたので、子供が「お友達と遊びたい」という状況が生まれたこと。こんな日が来るなんてね。嬉しい気持ちで一杯です。
お友達の影響もあり、次男はレゴが大好き。お友達に追いつこうと一生懸命練習する姿が可愛いです。
b0271345_1440575.png


大分ブログの更新ができなかったのは、あまりに厳しい食事療法だったためブログを書く時間がなかったんです。
加えて子供達が学校から帰ってきた後は、お世話をCaregiverにお願いして私はほとんどの時間をキッチンで過ごしていました。
ここ1年間はこんな生活だったので、去年の夏頃から手荒れが酷くなり最終的に料理も食器も洗えなくなってしまったほど。
さらに長男の学校とは色々問題もあって、彼は年の3分の1をお休みしました。

2014年は忘れられない程大変な日々が続きましたが嬉しい進歩もあり、苦労が報われた気がしています。

応援クリックお願いします??
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2015-03-16 14:52 | 自閉症

3ヶ月振りのブログ

お久しぶりです!毎日慌ただしく過ごしていたら、あっという間に気がつけば
前回ブログを書いたのが8月。そして今日は12月。もう年末です。時間が経つのが早すぎます!

現在エキサイトさんが直していますが、Safariからはいると私のホームページをみたり、コメントを残せないトラブルが起きています。
もしMacを使いSafariから入る場合は、Chromeから入って下さい。ipad, iphoneは問題無くSafariが使えますので、Macだけの問題が起きています。ご迷惑をおかけ致します。

8月から今日までの間
私は大量下血が毎日続き、急遽大腸検査→ポリープ発見→良性と診断。
ホメオパシーを始めたら、2週間膀胱炎→下血。その後下半身を中心に激痛→発熱。
交互にものもらい。アトピー再発→鎮静。トイレへいくのも苦痛な程3日間全く動けない状態に。
と、今までの治療過程を一気にやらされた状態へ。今は落ち着きました。

次男Early InterventionからSpecial EDへ。約3ヶ月に及ぶ査定、その後IEP。
3歳と同時に小学校にあるSpecial EDへ2週間トライアル。
その後スクールバスでフルタイムで通学。
ホメオパシー再カウンセリング。

長男のスクールミーティング、学校責任者同行のクラス見学。IEP。などなど。

長男はバイオメディカル治療が少し変わり、なんとDANドクターからホメオパシーが追加されました。
ちょっと驚き!

現在長男が摂っているビタミンと薬とホメオパシー

Bethanechol 1/2 pill
Cefuroxine Axetil 1/2 pill
Super B 1/2 pill
Oxytocin
Carnitor
B-12 Every other day
200mg of Zen 1pill
Biopterin 1/2 *ホメオパシー
Enhansa 1/2 scoop *ホメオパシー

午後
Trance Minerals 1 pill
Cod liver Oil 1tsp
Vitamin D-2000ius
Super B 1/2 pill
Probiotic 3 pill
200mg of Zen 1pill
Resveratrol 1 capsule
Carnitor


Ketotifen 1 capsule
B6/Magnesium 3 tablet
NAC 3 capsule
Leucovorin 1 pill
Fluconazole 1/2 pill
Cefuroxine Axetil 1/2 pill
Bethanecol 1/2 pill
Biopterin 1/2 tablet *ホメオパシー
Enhansa 1/2 scoop *ホメオパシー

毎週水曜日と週末はキレーション効果のあるサプリを一日3回。
Succinic Acid

さらにDANドクターがホメオパシーを追加してくれたことで
ホメオパシーも使用していいか相談→許可を得て
プラクティカルのホメオパシーとカウンセリング。*現在は全て飲みきり、在庫なし。

コキュラス
腎サポート
重金属19種
Fluorlic Acid
TS-22
DNA/saceh/AMG


Lac C/Ant C
Lacc
リンパ
脳サポート
*もっと他にもあったけど容器紛失。

毎週土曜日は鍼治療。
そこからデドックス効果のあるUKKINを勧められ、一日3回3〜5滴ずつ。

食事療法も未だに続けています。私はどうやら結構苦ではないらしく、さらに突き詰めて。
使用を止めたもの
電子レンジ
炊飯器
食器洗浄機*なので全て手洗い。
プラスチックの容器、皿、コップ、はし、スプーン、フォーク、調理器具。
今まで使っていたノンスティックのフライパン。

新しく我が家にきたもの
木製のスプーン、フォーク。
ガラスの容器。ガラスのウォーターボトル。
All-Clad Copper-Coreとd5のステンレス製フライパン。フタ。
ルクルーゼのグリル用フライパン。
BooSのまな板2つ。
J.k ADAMS のまな板。
Breville citrus press

BooSのまな板は義母から頂きました。実はまな板二つだけで総額$500。私が木製のまな板を欲しがっているのを旦那から聞き、速攻で購入して送ってくれました。ありがとうございます!

さらに森修焼きのシリーズを大量買い。そして今回は毎日学校へ持参している子供達と旦那の為に、信州木曽のお弁当箱を3つ購入しました。

もうこれでね、、、凄い金額です。旦那が真っ青になってます(汗)
20年は使うつもりで、買っているからと伝えてあります。そしてその頃には、今年揃えた色々な物が懐かしい物に変わっているよ!そういう方向へ持っていかなくちゃねと説得。
こんなに一気にキッチン用品を替えましたが、知れば知る程、口に入るまでの過程に使う物を気を付けてあげないといけないこと。。。
もう私は色々知ってしまったので、見過ごす訳にはいきません。

でも長男はもうすぐ7歳。時間がない!!!!!なのでここは一気に加速しました。

相変わらず厳しい食事療法を続けている長男。
子供達が家にいる間私はずっとキッチンにいるため、一緒に過ごす事が出来なくて心苦しくなってきたので、長男のホームヘルパーか家政婦のどちらをお願いしようか?と悩んだ末。

長男のホームヘルパーをお願いする事にしました。
*家政婦だと、私が横からあれこれ口出ししてしまいそうなので。。

ヘルパーの方は4人面接した末、長男が気に入ってくれた人が見つかり先々週から来てくれています。
本当は毎日を希望していましたが、彼女の都合がつかず月、水、金それぞれ3時間ずつ。
助かってます!

毎週末に行っている「買い物トレーニング」も上手に出来るようになってきました。
b0271345_239924.png

今は「オレンジを5個」など私がお願いすると、ビニール袋に入れてくれます。
購入商品は子供用のカートを使って押しながら、ちゃんと後をついて周りの人達を気を付けながら押せるようになりました。
レジでは頑張って商品をカートから取り出し、並べてくれます。
ここまで出来る過程には、カンシャクがあったり、食べ物を取りその場で食べようとしてしまったり。
通行人をカートでひきそうになったり、突然脱走したりと色々ありましたが、
お店と買い物をしている方の温かい優しさでなんとか買い物の仕方は身に付いてきたようです。

周りの方々に感謝の気持ちで一杯です!

応援クリックお願いします!
 ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2013-12-07 02:57 | 自閉症

Autism Day WA

Autism Day WAのイベントへ行ってきました。

いつもは毎週夕方の4時から行う、長男の針治療の予約が今日は朝の8時からに変更になり
朝の7時すぎに自宅を出発。子供達は朝6時に起床するので、しっかり朝ご飯を食べて元気よく出発しました。

今日の針治療はいつもの夕方と違っていい感じに進みました。やはり午前中のほうが長男は調子が良さそうです。

その後、一旦自宅へ戻り私はお弁当の準備。旦那が子供達を連れてアパートの裏にあるトレイルから公園まで散歩させてくれました。
その後準備を整え、いざ出発!現地には午後1時頃到着。
長男すでにお腹がすいて機嫌が悪かったのですぐに昼食をとりました。

それから色々なブースを回り
長男の強い希望で(この場合、激しいカンシャクともいいますが)トラクターの荷台に乗って農場をドライブ。
b0271345_162284.png


その後こんなのも挑戦しました!だけどハズレでした。
b0271345_1631186.png


なんでも興味がある次男。私たちも歩き疲れたので、木陰で旦那と長男、そして私の3人で30分程ミュージッククラスを体験している次男を待ちました。
b0271345_1654677.png


結局最後までいた私たち。。。その後は車を走らせいつものレストランへ。

毎週土曜日はレストラン練習しています。
いつも食べるスープと生春巻き。これは大人用。
b0271345_1612810.png

b0271345_16125235.png


食事療法中の長男&次男用のチャーハン。こちらは毎回特製です。
b0271345_1614449.png


ここのお店は私たちの住む地域からは離れていますが、ある日ふらっと立ち寄った時に長男が落ち着いていて
お店の人達の気さくな対応も素敵で、シアトルではこのお店で今の所定着しています。
長男の派手なカンシャクがあったり、次男が大声で話し続けたり、色々ありますが
お店のオーナーが毎回帰る時に「今日も子供達良い子だね。ママ頑張ってるね」という言葉をかけてくれます。その言葉に1週間救われてます。

応援クリックお願いします!
 ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2013-08-11 16:25 | 自閉症

好きこそ物の上手なれ

先週ブルーベリー狩りへ行ってきました!
ここは自宅の近くにあります。
私たちの住まいは、シアトルに車で15分位の距離ですが、自然が沢山&マイナスイオン沢山の場所です。ワイキキに6年半住んで、こんなのんびりした場所へ引っ越してきました。
b0271345_13493524.png


旦那が熟れ頃のブルーベリーはどれか子供達へ教えます。長男はウロウロしていたけど、次男は真剣に聞いてました。
b0271345_1350485.png


次男は果物と野菜が苦手で、いつも果物はスムージにして毎日飲ませてます。
スムージーにすれば飲めるけど、現物のままでは手で掴めません。そのため、最近のOTセラピーではブルーベリーやストロベリーなど、手で掴めないのを掴むトレーニングをしていました。

そのはずなのに、、、今日はものの30秒程で嫌いで苦手なはずのブルーベリーを掴み始めました。
好きが苦手を克服した瞬間でした。
b0271345_13544928.png


長男も次男に負けず、嫌いな果物を手に取り頑張りました。
b0271345_13564910.png


お陰であっという間にブルーベリーが!!!この量で料金$0.90でした。安!
b0271345_13573473.png


次男はウキウキで、この後ブルーベリーを食べてましたよ!凄いです。

長男も以前こういう方法で苦手を好きにした事がありました。
一つは「Bounce House」強烈な音と、中に何があるのか分からない不安からか酷く怖がり、全く遊ぼうとしていませんでした。
b0271345_142447.png

だけど、日本に帰った時に従兄弟達が大好きで一緒に遊びに行った時
従兄弟と遊びたい=Bounceを克服しないと駄目という事が繋がり、30分後にはスイスイ楽しそうに遊んでいました。
従兄弟達と話したい、もっと一緒に遊びたい=日本語を覚えたい、話したいから言葉をわずかながら発するようになり、シアトルに戻ってきてから始めた日本語クラスでもあっという間に単語を覚えていきます。そして日本語を話せる人と仲良くなりたいから、誰とでも接してみたいかもという感じになってきました。

やはり「好きな事は一番克服が早い」ですね。自閉症のセラピーも大切ですが、こういう気持ちから克服できる事も大事にしてあげたいと思います。

応援クリックお願いしま〜す!
 ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2013-07-28 14:12 | 自閉症

ipadで長男と会話

ipadのアプリにproloquo2goというAppsがあります。これは$200位する凄く高いAppsですが
我が家の長男のように、重度の自閉症で言葉が話せない(発せない)子にはとてもいいです。
長男は知的障害もありますが、これを使っている長男を見ていると知的障害?本当かな?と思うのが正直な感想です。

http://www.youtube.com/watch?v=F_8b7PgnNQQ
Appsについてとりあげたニュースです。5分7秒頃にでてくるカンシャク持ちの男の子より、長男の方が何倍も酷いです。。。

長男のカンシャクは場所を選ばずどこでも起こるので、大変です。
今までで一番最悪だったのはワイキキに住んでいた頃(長男当時4歳)
一番人が混み合う時間帯に観光地で大カンシャクが40分も続きました。これはもう悪夢に近かったです。お陰で壊れないと思っていた二人乗りの頑丈なベビーカーのネジが吹っ飛んだ程です。すざまじいカンシャクに体格のいいセキュリティ二人が長男を抱えようとしても駄目で、あれやこれやで人は集まり、最後にはその場にいた人が「ポリスだ!ポリスを呼べ」とまで叫ぶ程でした。

この原因は「次男の泣き声」と「お腹がすいたこと」でした。
この二つが重なり、度重なる次男の泣き声に耐えられなくて長男が爆発しました。
聴覚過敏がある長男。自閉症特有の過敏でもありますが、そこに「お腹がすいた」事が重なり
後もう少しで自宅という状況で私が長男に無理をさせすぎてしまいました。

あれから2年経ち、その間「次男の泣き声=長男の爆発的なカンシャク」という悪夢の図が出来上がりました(涙)
ear muffsを与えても効果は無しで、悪夢の図に外出先だと途方に暮れる感じです。

長男のカンシャクですが、次男の泣き声だけでなくそれ以外にももちろん何百と理由があります。
PECSやベィビーサイン、私が字で書いて説明など試みてきましたが、これはほぼ私からの指示となりやすく、本人が納得しないまま次に移る事が多かったのでそこからカンシャクに繋がったりする事もありました。それ以外、匂いや音、いつもと違うパターンなど、、、もう色々です。

そのカンシャクが最近大分減りました。
今日次男のSTに同行した長男。セラピーの途中で泣き叫ぶ次男に対して、いつも通りの爆発的なカンシャクで対応する長男ではなく、耳に手をあて「やだ〜」と日本語で言葉を発した長男に、セラピストが驚いていました。

「どうして?どうしたの?最近何があったの?」と目を丸くして聞かれたので
変わった事と言えば
1⃣proloquo2goが割と上手に使えるようになってきた。
2⃣日本が好き。日本語が好き=会話したい。
3⃣バイオメディカル治療の効果
だと思うと伝えました。特に次男の泣き声にあまり反応しなくなってきたのは、バイオメディカル治療の効果だと思います。

昨日はいつもと違うパターンをモールで行いました。
次男がABAのセラピー中、長男にどこに行きたいか?聞いたらモールの中の乗り物に乗りたいというので行ってきました。

途中「mist」売り場へ駆け出して(記憶力が抜群なので、一度行った先でも自分の好きな物はよく覚えています)
「飲み物」とAppsでリクエスト。
私:何が飲みたいの?(本当は知っている)
長男:無言。
私:何も飲みたくないなら行こう。
長男;迷って、ためらって「水」
私;水が欲しいの?
長男;本当は「mist」が欲しいけど、言ったら怒られそうだから「水」にしているんだよね。
という顔で私を見ながら、恐る恐る「mist」のリクエスト

で、さらに挑戦しました。
まず「mist」というラベルが無い入れ物を使って、長男にあげる。
*表示はないけど「mist」として飲むかどうか。もしくは「違う!!!」といって怒りだすかどうか。
b0271345_17111682.png


怒らず無事に飲めました。一歩前進です!

今日は子供達二人まとめてアートとはさみの練習をするつもりでした。

次男は積極的に毎回参加します。長男は紙だけ置いて逃げました。
b0271345_1716025.png


はさみの練習に使用している日本の優れもの。
b0271345_17165391.png


全くやる気が無い長男は突然ファイルからノートを取り出してビリビリ破き始めました(怒)
*後で考えてみたら、そこには日本語が書いてあるのでそれを見たかったようです。

でも私が完全沸騰してしまい、長男を大声で怒鳴りつけ座らせてAppsを使い
私;こういう時はなんていうの?
長男;無言
このやり取りが40分。最後に長男が「happy」と押すので、この場合の押し方はハッピーになってという意味だと分かっていたけど、そうじゃなくて「sorry」だろうが!!!と怒り爆発してしまいました。
で、この後このとばっちりが次男と旦那へと。。。反省。

私が落ち着いた頃、旦那が長男に「How's your day?」と聞くと
長男がすかさず「sorry」を10連発!
旦那は意味が分かっていなかったので、sorry???なんて言っていたけど、意味がよく分かっている私は胸にジーンときました。

長男が言わなければいけないけど、言いたくないという心境を持っている事を知れました。

応援クリックお願いします!
 ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2013-07-19 17:35 | 自閉症

今日の夜なべ

今日の夜なべです。
旦那はクッキー作り。私はジャム作り。
食事療法を行っているので、ほぼ自分達で作ります。なのでいつも忙しくなる〜!
毎日「疲れた、疲れた」連呼しています。言葉に出して言わない方がいいのは分かっているのに
言葉に出さずにいられません(苦笑)


私のクッキーは「せんべい」のようになりますが、旦那のクッキーは美しい☆
b0271345_1637112.png


旦那の作成途中を写真に撮りました。指導者は私なので作り方は同じはずなのに、出来映えが全然違います。。。
b0271345_16392397.png

b0271345_1641243.png


私の作ったジャム。今日はブルーベリーを使用しました。
b0271345_174116.png

作り方は簡単で
ブルーベリー300グラム
砂糖120グラム
レモン半分

1⃣ブルーベリーをよく洗って鍋に入れ、そこに砂糖をかけて1時間程ほっとく。
2⃣弱火に火をかけて、しばらくしたら(ここはいつも適当なので、グツグツしてきたらでいいです)レモン汁を入れる。
3⃣それからまたグツグツしてきたら(凄い適当な料理が想像出来ると思いますが、時間を計った事がないんです。汗)おしまい。
4⃣煮沸消毒したビンにゆるゆるのジャムを入れておしまい。冷めたら冷蔵庫に入れると明日には固まってます。

このやり方でイチゴジャムやブルーベリージャムをよく作ります。
一度リンゴジャムを作りましたが手間がかかり、あまりほったらかしに出来ない料理だったので再度作ってはいないです。

長男が夏休みに入り
1⃣学校始業(9月3日)までのおおまかな予定のカレンダーを作成して、目立つ所に貼り就寝前に読み上げる&見せる。
2⃣毎日30分おきに先5つのスケジュールをホワイトボードに記入し、長男に予測させる。
3⃣毎日1時間を目安に、長男とマンツーマンで勉強出来る時間を作る。でも毎回次男に邪魔されっぱなし。
*次男は長男がサマースクールに行っている間に行ってます。
4⃣新しい出来事や、普段と違うスケジュールの場合はその都度ソーシャルストーリーを作って説明。
5⃣カンシャクを起こしたり、私に怒られるような事をした時は、すぐに紙に彼の気持ちを説明して怒ってもいいが、怒り方をこういう風にした方がいいと指導。

さらに食事療法や主婦業や育児やらで、いつも時間に追われている感じです。。。

それでも子供達は一日2回は外に出さなくてはと思い、毎日公園やプール、天気の悪い日は屋内施設ともうすっかり笑顔を失くしかけて子供達のお世話してます。

今日は天気が悪かったので、プールをやめて長男&次男と公園へ。
午前中はこの公園。
b0271345_16562437.png


人気が無いので、二人並んでブランコが1時間位できます。でも二人を押している私が限界で、いつも30分程で強制終了。長男重すぎて1時間も押し続けていたら、押している手の筋が切れそうです(泣)
b0271345_16584096.png


午後はこちらの公園。
b0271345_16595094.png


たいがい午前と午後の間の昼食で、洋服を着替えるような事件が起こります。
なので一日の写真で何枚も違う洋服が、、、。

あ〜、、、今日もあっという間に終わりました!寝顔は天使だけど、起きている間は格闘です。

応援クリックお願いします!
  ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2013-07-13 17:14 | 自閉症

懐かしいおもちゃに遭遇

先日次男の療育センターで遭遇した「懐かしいおもちゃ」
長男の様子がおかしくなった1歳10ヶ月頃、とにかく何とかしないと!と思い選んだおもちゃに
再会?しました。
b0271345_1538533.png


このおもちゃを当時ハミングばかりで言葉を発せず、ウロウロ歩き回る長男をなんとか座らせ
注目させて同じ色に分けて入れていくのを教えました。
これだけの作業でも本当に大変だった(汗)

そして数ヶ月後、、、長男は色別に分けて入れていく事が出来るようになりました。
「やった〜!、この子は何も言わないけど分かってる。大丈夫だ」と自分に言い聞かせた日を忘れられません。次男の療育センターで見かけたおもちゃ。思わず涙が出そうになりました。

早速次男が使います。まぁ〜、、、覚えが早い事。長男の時はあんなに大変だったのにな。
早期療育の素晴らしさを実感します。
b0271345_15431147.png


お次はこれまた懐かしい貯金箱。このおもちゃを使って「開けて」と言わせる練習を何十回もしました。
b0271345_15444144.png

次男はあっという間に通り過ぎた2つのおもちゃ。でも私には当時の懐かしい思い出がいっぱいです。
あの時はいまの長男を想像出来ませんでした。毎日彼を追いかけて、ワイキキ中を歩き回ってました。
こうやって当時を懐かしく思える日が来るとはね。時の流れを感じます。


応援クリックお願いします!
 ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2013-05-29 15:54 | 自閉症

PTA会合

今日は夕方からSchool DistrictのSpecial Needs PTAの集まりがありました。

参加者のほとんどが白人。アジア人は韓国人の方一人と私だけです。
う〜ん、、、みんな頑張れ〜。こういう集まりはなるべく行った方がお子さんのためにいいと思います。

普段夕方とか夜に始まるのは子供達が疲れてカンシャクを起こしやすい時間なので、旦那に行ってもらうのですが、今日は私。
理由は今後のミーティングのためです。

先月の集まりの時にDistrictの人が私の事を覚えていてくれました。
別に何か質問をしたわけでもなく、ただ座って聞いていただけでしたが、とにかくアジア人が目立つ場所だったので、覚えていたのかな?理由はよくわからないけど。

そのDistrictの方と再会?したのは、翌週にあった学校でのミーティング。
私は覚えておらず「またお会いできて嬉しいです」と言われた時に???なんだっけ?という感じでしたが、その後Districtの方が先週PTAでお会いしましたね!と言って下さり事態が読めました。

その結果、久々に学校でのミーティングが満足に出来ました。たまたま同行した旦那も「久々にいいミーティングができたなぁ〜」と言う程でした。

今日のテーマは学校とどうやって連携していくか?ということでした。
何人かのお母さん方が質問をされていましたが、感情を抑えきれず泣きながらどれだけ辛い思いをしているか話しているお母さんがいました。
まるで数年前の私と重なりました。あの時は本当に嫌な思いをして、散々なミーティングでした。
でも学校とはケンカしてはいけないのです。これは今日の会場でも他の方が言われてました。
こうして第三者の立場となって双方の話しを聞いていると、今まで見えてこなかった面も見えます。

子供の為にもお互い冷静に話し合う事が一番だと思いました。


会合後、子供達は旦那が寝かしつけたようなので久々の外出。
モールで前から欲しかったスカーフを買いました!なんとセールからさらに25%OFF
うれしい!!!!!
b0271345_1640268.png


このスカーフは前から欲しいな〜と思っていたので、ラッキーでした。

応援クリックお願いします!
 ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2013-05-24 16:43 | 自閉症