過去の生活に戻る

日本の私立学校に願書は出しましたが、同時進行でシアトルでも発達障害に関する情報を収集中です。
金曜日は長男の歯医者と、ようやく始める事ができるバイオメディカル治療のドクターのアポイントがあり、旦那が会社を休んで家族4人で行きました。

まずは歯医者
長男5歳半で永久歯が生えて来ました。もうグラグラで本人も相当不快だったようで、ハミングやロッキングがヒドい。。。相当辛いんだろうな〜と思って、歯医者を予約したのですが、このアポイント前にいつの間にか生え変わっていて、貴重な一本目を取り逃がしました〜(涙)
旦那は長男に「あれ〜!?いつのまに失くしたんだ!!!あ〜あ、それじゃぁ妖精はおまへの所に来ないな。抜けた歯があれば、妖精がお金持って来てくれたのに」と。。。なんかお金持ってくる妖精って随分リアルですよね。私が小さい頃は屋根とか縁側に投げてましたけどね。
そんな訳で、歯医者の目的がグラグラの歯を取ってもらう事から、急遽クリーニングに変わりました。アシスタントの方に案内されて、診察台に皆で向かいます。ここで私は「この子は自閉症です。言葉で指示が入りにくく、本人も話せません。」と告げました。するとすぐに先生に変わって、丁寧に指示をもらいます。一旦診察台は離れて、治療までの簡単な流れをDVDで面白くみさせてもらいました。
その後また診察台に戻り、すぐに先生が来てくれました。長男は安心して一人で診察台に乗って口を開けたり閉じたり噛んだりと、指示に従ってます。見ていてこの先生とは相性が良さそうで、ホッとしました。半年後のアポイントを取って歯医者は終了。
次のアポイントがあるので、急いで北へ向かいます。

次はバイオメディカルドクター
覚悟はしてました。きっと食事療法を再開するよう言われるのだと。
初回で書類の記入などあるので、予約時間の15分前までに来て下さい。というレターを数日前にもらったのに、気合いが入りすぎてなんと40分以上前に着いてしまいました。
ipadもあるし、待合室でまっていようかな?と思って、そのまま受付へ。旦那が書類記入をしている間、私と息子達は待合室で待ちます。ipadを使う長男。でも私に音量を注意されたり、周囲の雑音でイライラし始めてきて、発狂しました。あ〜あ。。。
(気の毒に思ったのか)ナースが「あと30分位待ちますけど、ここで待ちますか?それとも診察室で待ちますか?その、、、長男君の状態によってなんですが、どっちのがいいんでしょう?」と聞いてきてくれました。あ〜!助かった思い、「診察室で待ちます。」と即答。皆で移動します。
しばらくしてドクターが診察室に来ました。始めはそれぞれの自己紹介、そしてドクターから初回の質問を旦那へ。「長男君がいくつの時に、違和感を感じましたか?」と。旦那が「えっと、、2歳半位だったかな?」と超テキトーに答えるので、横から私が「いいえ。1歳10ヶ月です。それまで合っていた目が合わなくなり、言葉を発せずハミングばかり、無表情になりました。」と答えながら、それまでの経過資料が入ったバインダーをバシバシ開けて、資料を見せながら説明。と、我が家のいつも通りの流れ(笑)
今までの経過や状態、いつからどんなサービスを受けているか?どの位やっているか?など話していきます。そして今までどんなメディカルテストを受けてきたか。アレルギーの血液検査の結果から、「これ随分時間が経っているけど、ひっかかっているのはグルテンが多いよね。」と。
グルテン、カセインダイエットは以前やった事があることを伝えると、「なら話しは簡単。ひとまず3ヶ月間グルテンダイエットして下さい。学校には私からレターを書きます。ママは学校にグルテンダイエットのランチがあるか聞いて下さい。もしなければランチを持参させて下さい。」と。使用しているビタミンについては、「今まで通りで大丈夫。ビタミンDだけ追加して。」と言われ、本日は終了。
血液検査の結果が出たら、次回の予約を取るという流れになりました。

グルテンダイエットをするにあたり
ー外食が出来ない(最近はグルテンフリーのレストランもあるけど、調味料等どこまでフリーなのか心配なので。
ー友達の誕生会や何かのイベントの時に、長男だけ弁当持参で参加。
ー調味料は塩、コショウ、グルテンフリーの醤油のみ。(だしやコンソメにも小麦粉が入っているので駄目。普通の醤油やソース、納豆のたれ、中身がいまいち不鮮明なケチャプやマヨネーズ、ドレッシングも私は省きます。)
ー市販のカレー&ハヤシのルー、パン、パスタ、うどん、ラーメン、そば(そば粉でもつなぎで微量に小麦粉が入っているため)、スナック菓子、ケーキ、せんべい(醤油味などは、味付けの醤油に微量ですが小麦粉が入っているため)など全て駄目。
天ぷらやコロッケ(衣がパン粉なので)など、小麦粉を使用する料理もだめ。ふりかけも小麦粉入りなので駄目。
なので、食べれるものや食事が取れる場所が限られます。ただ今回はグルテンだけなので、以前のようにカセインまでやらなくていいわけなので、ちょっとラクかなと思いました。

この事を義母に伝えると『嬉しいわ!協力するから頑張ってね」と。
早速お願いして、義父の会社の商品を送ってもらうことにしました。
*義父は以前グルテンフリーのダイエットを私たちがしていた時に、自社製品にグルテンフリーシリーズを全商品に追加させてくれました。

ひとまずこんな感じで3ヶ月間頑張ってみます。

b0271345_168194.jpg



休日のお出かけには、家族全員分の弁当を持参します。
最近のシアトルは本当に天気が良くて、気分が良いです♪

ポチット押してもらえると嬉しいです♡
↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

# by Seattle-Autism | 2012-10-07 16:14 | 自閉症

迷いに迷って、、、まだ迷い中だけど

日本の私立小学校に願書を出しました。

ハワイからシアトルに引っ越すまでの6ヶ月間を日本で過ごし
色々な方に助けてもらいながら、発達障害に関する情報を集める事ができました。
私立小学校と国立小学校をいくつか見学し、アメリカでも知られているM小学校に決めました。
決めました、、、と言っても、こちらの学校は倍率が宝くじ並みで
みなさんかなり覚悟して申し込んでいると思うので、英語がメインの長男が試験当日
日本語のみの試験になる訳ですから、どうなるか想像がつきません。。。
これからチケットを探しますが、試験の為だけに帰国する感じになりそうで
そうなると時差やフライト疲れで、癇癪やパニックの心配が。
悩みが尽きない状態です。

シアトルでの生活が始まり、ハワイから3度も下見していた事もあって
割と順調に生活出来ている感じです。
学校生活も慣れてきたようで、後は次男の社会性向上探し。
今年のシアトルはお天気に恵まれて、こちらに来てから毎日外出できます。

b0271345_15412919.jpg



ランキングに参加しています。
クリックお願いします♡
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

# by Seattle-Autism | 2012-10-05 15:43 | 自閉症

外見と内面

シアトルで生活を初めて1ヶ月半が経ちました。
長男のキンダーも無事に始まり、スクールバスで毎日元気に行ってます。
(よかった、よかった)
次男の社会性向上を考えて、どこか良い所があるかな〜?と毎日公園やモール、図書館や本屋など、長男がキンダーに行っている間に出かけてます。

この間、Barnes & Noble(アメリカにある大きな本屋です)に次男と二人で行ったときの事。
次男の為に本を一冊買うつもりが、(いつものパターンで)あれもこれも、、、となり
お会計$200位の凄い買い物の量に(汗)
目当ての本を手に取り、これもよさそうだなとKUMONを数冊、長男が大好きだったアルファベットのパズルを再購入。その他もろもろ(もう忘れてる)そして何故かプリスクール用の小物まで。
ここまでの所用時間が1時間半かかり、もうお昼の時間だったこともあり次男が疲れ果てて泣きわめく次第に。
そうしたら、そこに白人の恐そうなおばさまが、ずっ〜とこちらを見ているんです。
私は手に買い物の荷物が一杯で次男を担ぐ事ができない。こんな時に限って、抱っこ紐は持っていないし、ベビーカーも無い。とにかく次男を応援しながら少しずつレジに向かう次第に。
そうしたら、そのおばさまが「手伝いましょうか?」と。ちょっとビックリしました。というのも私の行動に呆れていたのかと思っていたので。
「すいません、お願いします」と言ったものの、どうしようかと思っていたら
素敵おばさま(ここから素敵が追加です!)が、「私があなたの買い物の荷物を持つから、あなたはベィビーをちゃんと見ていてあげて」と、レジまで同行してくれて、結局車まで荷物を運んでくれました。
レジで会計の時は、レジの人から「随分凄い量ね!?あなた教師なの?」と言われ、「違うよ」と一言いうと、隣で素敵おばさまが「教師ではないみたいだけど、素晴らしいママなのよ!」とフォロー。
こういう台詞はアメリカでは日常茶飯事です。とにかく皆様褒め上手。見習いたい気持ちはあるのですが、いざとなるとなかなか出てきません〜(泣)

先日、次男と公園の帰り道、ドライブ中に次男が寝始めたので、速攻行き先を自宅から変更していつものスタバへ。
コーヒーを買って、早速iPhoneで自分の世界へ〜と楽しんでいた時に、いつもスタバで働いているお局さん的なお姉さんが、「お疲れさまママ。こういう時間は貴重なのよね。もしよければ、iPhoneと共にパウンドケーキもどうですか?」と試食サイズではなく、売っているサイズでくれました。 ありがとう♡
この方、見た目が結構恐そうなんです。なのでちょっと驚きましたが、こういうサプライズがあるとしばらく幸せな気分になりますね。

*アルファベットパズルはハワイから引っ越しの際に紛失してしまい、再度購入しました。長男はこれに夢中になっていた時があり、3歳の時に5分位で完成していました。
次男は使い始めて2週間位ですが、毎日楽しんで使っています。A,E,Oは覚えたようで、街で見かけると読んでます。
http://www.barnesandnoble.com/p/toys-games-alphabet-sound-puzzle/14956112?ean=9780641810176
[PR]

# by Seattle-Autism | 2012-10-04 14:24 | 生活

月に一度のお楽しみ

今日は月に一度のお楽しみ、大きな室内でジャンプが楽しめる日でした。
場所はベルビューにあるSky High Sportsです。Special Needsの子供達が午後3時から7時まで楽しめます。
http://sea.jumpskyhigh.com/page.php?pageID=347

ここには以前、長男が3歳の時に行った事があります。その時はジャンプに全く興味無し。
当時はチカチカ光るものや、クルクル回るもの。人に全く興味が無かったので、旦那と私が盛り上げながら誘っても無視。室内の壁を触りながらウロウロ歩くだけでした。

あれから2年、、、今日はどんな反応かな〜?と楽しみに家族4人で行きました。

入り口に行くと、白人の綺麗なお姉さんが色々質問してきました。今日は特別な日で〜みたいな感じで。
すると長男、お姉さんと遊びたい!と思ったようで、色々頑張って話しかけようとしています。
(でも今は「Hi!」しか言えないので、Hi!を大連発)
その後クツを脱いで、いざジャンプ場へ。2年前とは違い良い笑顔で楽しんでました。
*私も楽しみすぎて撮影を逃しました(涙)

そこでまた別の綺麗なお姉さんを発見!また遊びたいモード全開でした。
旦那と苦笑いでしたが、3歳半過ぎから周りの人に興味を持ち始め、自分からなんとかコミュニケーションを取ろうと頑張る姿をみれるのが嬉しいです。
早期発見、療育の素晴らしさを実感しています。
[PR]

# by Seattle-Autism | 2012-10-03 15:45 | 自閉症

はじめまして

本日よりブログデビューしました。
シアトルでの日々の生活や子育て。子供達の成長の記録など綴っていきたいと思います。
ゆっくり、のんびりが今の生活のテーマなので、時間のある時にブログを書いていきますが、どうぞよろしくお願いします!
b0271345_15573617.jpg

[PR]

# by Seattle-Autism | 2012-10-02 15:58