不公平だと思うアメリカの療育

久しぶりのブログ更新です。いつも見て下さっている方すみません!

さぼっていた訳でなく、やる事が沢山ありすぎてここ数日は睡眠時間が4〜5時間です。
昼間は子供達にかかりっきりになるので、子供達が寝てから家事をスタート。
そうなると夜中まで食器を洗ったり、翌日の食事の準備をしたり、、掃除&洗濯など
眠気でボーッとしながらやってます。

どうしてこんなに忙しくなったかというと
3月にDANドクターに会ってきました。これは長男の為にです。
様々な検査をした結果がすざまじく、今まで主に料理に使っていた食品のほとんどが
彼の自閉傾向を引き起こしている可能性があると結果が出ました。

ちなみに長男が今後食べれない(控えた方がいい)食べ物。
*生命に関わる程ではないです。
もちろんグルテン系&カゼイン系
そして
アスパラガス、大麦、カシューナッツ、カリフラワー、チーズ、ココナッツ、たまご、なす
グレープフルーツ、牛乳、ピーナッツ、パイナップル、ライ麦、ごま、かぼちゃ、紅茶、栗
すいか、麦、ヨーグルトです。
さらに炭水化物は極力控えめに。魚介類は一切食べないようにと指導を受けました。

こうなるといくらグルテン&カゼインフリーのスクールランチも続けて行くのが無理です。
なので、私が長男のおやつとランチを作り飲み物も持たせて学校へ行っています。
その他長男専用のipadと感覚統合グッズ。スクールノートに着替え。時々オムツも入れるので
スクールバックが既に大学生並みの大きさになりました。
b0271345_16513663.png


さすがに坂道は重そう。。。
b0271345_16522247.png


次男が面白がって長男のお手伝いをします。
b0271345_16533392.png


とにかくアメリカの医療費は高くて、不満!不満!不満!
今回のDANドクター、初回にかかった金額は約$2000(約20万)+宿泊費や交通費。
さらに大量のビタミンと薬で、一部はアメリカで入手困難な為ヨーロッパからお取り寄せしています。
恐くて計算していないけど、おおよそ月に$400(約4万円)くらいかかってます。

驚く程経過は順調ではないけど、この治療は続けていきます。とにかく我が家の第一優先。

昨日自閉症センターから驚きの請求書が届きました。
長男と次男を合わせて保険を使用しても、たった2ヶ月それぞれ週に2回、1時間ずつだけで
私たちの支払額が約$1400(約14万)

ちょっと高くない!?と思ってよく見たら、保険会社が適用を時々拒否してる(怒)
*でもこれはここではよくある事らしい。

なので、泣く泣く次男のセラピーは終了。長男はどうにか続けていきます。どうにか。。。

なんだか金持ちしか可能性のある療育が出来なくなってる!?と思うのは私だけ?
時々サイトで見かける寄付のお願い。我が家にして欲しい〜!と思ってしまいます。
公立学校や療育センターも予算問題でセラピーが最低限だけ。解決策考えないと。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2013-05-18 17:13 | 自閉症