懐かしいおもちゃに遭遇

先日次男の療育センターで遭遇した「懐かしいおもちゃ」
長男の様子がおかしくなった1歳10ヶ月頃、とにかく何とかしないと!と思い選んだおもちゃに
再会?しました。
b0271345_1538533.png


このおもちゃを当時ハミングばかりで言葉を発せず、ウロウロ歩き回る長男をなんとか座らせ
注目させて同じ色に分けて入れていくのを教えました。
これだけの作業でも本当に大変だった(汗)

そして数ヶ月後、、、長男は色別に分けて入れていく事が出来るようになりました。
「やった〜!、この子は何も言わないけど分かってる。大丈夫だ」と自分に言い聞かせた日を忘れられません。次男の療育センターで見かけたおもちゃ。思わず涙が出そうになりました。

早速次男が使います。まぁ〜、、、覚えが早い事。長男の時はあんなに大変だったのにな。
早期療育の素晴らしさを実感します。
b0271345_15431147.png


お次はこれまた懐かしい貯金箱。このおもちゃを使って「開けて」と言わせる練習を何十回もしました。
b0271345_15444144.png

次男はあっという間に通り過ぎた2つのおもちゃ。でも私には当時の懐かしい思い出がいっぱいです。
あの時はいまの長男を想像出来ませんでした。毎日彼を追いかけて、ワイキキ中を歩き回ってました。
こうやって当時を懐かしく思える日が来るとはね。時の流れを感じます。


応援クリックお願いします!
 ↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
[PR]

by Seattle-Autism | 2013-05-29 15:54 | 自閉症